« 白夜行 十夜目 | トップページ | 白夜行 感想 »

2006/03/25

白夜行 十一夜目(最終夜)

TBSドラマ「白夜行」の第十一話(3月23日放送)。

とうとう最終回を迎えました。

あらすじだけ、こちらにまとめておきます。

笹垣の部屋で笹垣を殺し損ねた亮司は、姿をくらます。
青酸ガスを吸い込んだせいで、体を壊しているが、どうや
ら肉体労働で日銭を稼いでいるようだった。

笹垣は“秋吉”の勤務先に訪れた典子を探し、小説の主
人公の話を聞く。
その後、典子は赤ん坊を抱いて笹垣の前に現れた。
亮司の子だった…。

雪穂は亮司の行き先を確かめるすべもなく、R&Y2号店
を出店するにあたり、不動産屋に「もっと日当たりが欲し
いんですけど」と食い下がる。
ホテルの一室、R&Yのホームページで2号店出店を知り
、安心したように口元をほころばせる亮司。

雪穂
「ねぇ、亮。私、返したかったの。日のあたる場所に、あ
の日の花を浮かべてあげたかった。あの日、あなたがく
れた夢を、諦めたくなかった。…私を太陽だと言ってくれ
た、あの日の言葉に答えたかった。」

そんな中、友彦が自首してしまう。
「早く捕まえてあげて下さい。あいつ、昼間歩きたいって。
あれは本心だったと思うから」
それをきっかけに、亮司は全国指名手配される。

笹垣はR&Y2号店の準備中に割れたサボテンの鉢から
サングラスの欠片を見つけ、礼子宅の庭を掘り起こし、と
うとう松浦の死体を発見する。

篠塚は雪穂の元を訪れ、額縁の下に隠された切り絵を
取り出して雪穂に見せ付け、自首を強くうながす。
涙を流しながら、「何を証拠に…そんなこと」と言う雪穂。
強い目で訴える。「分かりません。何のことだか」
篠塚は図書館のBBSに書かれた亮司の遺言のコピー
を置いて行く。

雪穂は鏡の前でコピーを手に、一人思う。
「本当は知っていた、ずっと昔から。あなたが裁かれたが
ってた事。勝手な夢を押し付けて、あなたをダクトの中に
押し込めたのは私だ。明日、あなたが来たら言おう。太
陽の下、手をつないで歩こう。死刑台まで歩いて行こう」

そして2005年12月24日、R&Y2号店オープンの日。
サンタの姿で、赤い切り絵を手に見守っている亮司。
亮司は下見しておいた茂みの方へ笹垣を誘い込み、後
ろからハサミで刺す。
しかし車に閉じ込めたはずの笹垣は自分でハサミを抜い
て、血まみれになりながらも亮司を追いかけてきた。

「もうあかんで、もう…終りや。1991年11月11日桐原洋
介殺害、1998年藤村みや子婦女暴行、花岡ゆう子死体
損壊、1999年死亡届提出、私文書偽造、キャッシュカー
ド偽造、西口奈美江殺人幇助、ゲームソフト偽造、川島
江利子婦女暴行、松浦勇殺害、2002年偽造公文書行
使罪、営業秘密不正取得罪、2004年ストーカー規正法
違反、毒物及び劇物取締法違反、唐沢礼子…殺害、笹
垣潤三殺人未遂、及び…救助。2005年…栗原典子に、
一子誕生。お前には、子供がおる。その子供にちゃんと
十三階段上る背中見せい!!お前、自分とおんなじ子
を作る気か。親父信じられへん子作る気か。間違いだら
けやったけど、お前が精一杯やったんは、俺が知ってる。
一人の人間幸せにするために、お前は精一杯やった。
お前の子に、俺がちゃんと言うたる。お前に流れとう血は
、ほんまはそういう血や。俺がちゃんと、子供に言うたる。
す、すまんかった。あの日、お前を捕まえてやれんで。
ほんま…すまんかったのう…。」

泣きながら頭を下げる笹垣、一筋の涙をこぼす亮司。

「亮司、来いや。亮司、亮司!」
笹垣の胸に飛び込むふりで、笹垣の手に持っていたハ
サミを亮司は自分の胸に突き刺した。
「お返し…」
「なんでや、なんでお前!昼間歩きたかったんとちゃうん
か!」
「あいつは、俺の太陽だから。俺は、あいつの太陽だか
ら」
笹垣を振り切った亮司は、歩道橋から飛び降りた…。

駆け寄ろうとして足を止める雪穂に、血まみれで息も絶
え絶えになりながら、亮司は向こうを指差した。
「雪穂…、行っ…て」
うなづいて去って行く雪穂。
「明るい、明るいよ、亮」
「なぁ…、雪穂。」と言ったきり、亮司は息絶えた。

その後の雪穂は、警察の尋問はいつもの嘘であざむい
たものの、事業にも失敗し、抜け殻のように生きている。

晴れた日の太陽の下、公園で典子らしき女性が子供を
歩かせているのを、雪穂がベンチで見ている。
雪穂はやがてその子供を手招きし、手を繋いだ。
雪穂の左手の薬指には、あの切り絵の指輪が。
そして雪穂は深くうなだれた。

~終り~

|

« 白夜行 十夜目 | トップページ | 白夜行 感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53247/9245483

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行 十一夜目(最終夜):

» 白夜行 ドラマ [読書&映画メモ]
白夜行 ★★★★★★★★☆☆ 9/10 山田孝之 (幼少時代の亮司 泉澤祐希) 綾瀬はるか(幼少時代の雪穂 福田麻由子)武田鉄矢 渡部篤郎 西田尚美 麻生祐未  原作では犯人の心理はまるで出てこなかった記憶があります。模倣犯における第三部ですね。 原作が不朽の名作なだけにドラマはグレードがかなり落ちるものだと【予想】してましたが、オチとか設定とか変えてる部分はありますが、よかったです。氷の女の雪穂に心があったと。  あの約束した日にDNAを持つ子供と、手を繋いだ所で泣きました。我々は... [続きを読む]

受信: 2006/03/25 10:47

« 白夜行 十夜目 | トップページ | 白夜行 感想 »