« 白夜行 九夜目 | トップページ | 松下アナのお仕事/WBC編 »

2006/03/18

ガンプラ設計のお仕事

さっきNHK教育で、「平成若者仕事図鑑」を見ました。
(NHKのサイトには、番組の内容が詳しく載ってます。)
13日放送分の再放送らしいけど、バンダイのプラモデル
設計士の仕事を紹介していたので、興味深く見ました。

今回はショルダーアタック(タックル?)のポーズを再現
した旧ザクのプラモ設計をしていました。

番組のインタビューで、ガンプラを買いに来ていた、どう
見ても30歳~40歳代の男性達に「このキャラクターとい
えばどんなポーズ?」と聞くと、

nhk-sigoto1

「ショルダータックル?」
「やっぱり肩の…(ポーズをとる男性)」
「ん~最初のだとやっぱりショルダーアタック?」
などという答えが 嬉 し そ う に 返ってきていました。

nhk-sigoto2

CADを使ってプラモデルの型を制作している様は、設計士
そのものです。部品の一つにも時間をかけて細部にわた
ってリアルに再現。大変だ~、ありゃ。
でもちゃんと作らないと、全国及び海外のガノタの皆さん
を満足させられないからなぁ。
腰周りのすき間が問題だとか、腰が細くなると頼りなく見
えるとか、意見を出し合っていましたよ。
「旧ザクのがっしりしたイメージからかけはなれてしまった
ら、たとえポーズは再現できていても…」
ほんと大変そうです。

nhk-sigoto3

ミリ単位での微調整を重ね、ようやく完成。
送られてきた試作品を、さっそく組み立てるスタッフさん達。

nhk-sigoto4

仕上がりを見て、改善点はあるけど80点くらいの出来かな、
と自己評価していた設計士さん。
しかし某掲示板の実況を見てみると、

「もうちょっと肩をがっしりさせた方がよくね?」
「肩上がって無いじゃん」

ガノタ恐るべし(;゚д゚)

|

« 白夜行 九夜目 | トップページ | 松下アナのお仕事/WBC編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53247/9143974

この記事へのトラックバック一覧です: ガンプラ設計のお仕事:

« 白夜行 九夜目 | トップページ | 松下アナのお仕事/WBC編 »