« BS2・ガンダム一挙放送 | トップページ | 姐さん、お帰りっす!! »

2005/08/20

BS2・ガンダム一挙放送(感想続き)

昨日の9時間半の放送のなかで、私が一番気になったのは、第三部の「激論!モビルスーツ」です。
ゲストの漫画家・江川達也さんが、見当違いの発言ばかりで浮きまくりだったからです(+_+)

ゲストが自分の好きなMSを発表するところでは、岡田斗司夫さんがMAばかりを選んだり、NHKのアナウンサーさんが「サラリーマンって感じでしょう、量産型で」とジムを選んだり、個性が表れてすごく面白かったんです(笑)。
土田晃之さんもランバラルのグフを選んで、みんなオタク丸出しで楽しかったんです。

ところが最後の江川達也さんが選んだのが、シャアザク。

江川さんの悪いところは、「みんな何だかんだ言って、ほんとはシャアなんですよ!」「ガンダムといって何かと言えば、シャアでしょ!?」と、人に押し付けるところ。
甲高い声でがなり立てるようにシャア、シャアと言い続け、人の意見を否定する江川さん。最悪でした。

岡田斗司夫さんが、シャア専用ズゴックのときは手足が忙しく動いていて面白かった。速いのは宇宙だから格好良いわけで、と笑いながら愛のあるツッコミをした時も、江川さんはまた逆上したように「なんで!?格好いいじゃないですか!!」。
他にも、「ガンダムの話がどこに収束するかといえば、ニュータイプでしょ!」と言い切ったり。

もういいって・・・。江川さんを見ていると、私は疲れました(-_-;)

私は、シャアの悲しみや、ニュータイプ論、ララアの登場などは、どちらかといえば付属的な考えなんです(これは人それぞれです)。
否応なしに戦争にかり出されてしまう子供達(アムロ達)、戦争のせいで親や子供を亡くしたり、環境が変わってしまった人達。
しかし、戦争をしている人間にも家族がいて、登場人物皆それぞれに戦いに向かう理由がある。
そういうのを、登場人物一人一人を通して、きめ細やかに描いてますよね。
悲しいのはシャアだけじゃない。生まれ育ちが複雑なのも、シャアだけじゃない。みんな戦争で苦しんでるんです。
全体に流れる戦争のむなしさと悲しさ、生き様や孤独感。
それがガンダムの根底にあると思うんだけど、違うのかな。
それにプラスして、MSとMA、出てくる用語の格好良さも(^◇^;)

・・・何だかもの凄く語ってしまいました。引かないでね・・・。

|

« BS2・ガンダム一挙放送 | トップページ | 姐さん、お帰りっす!! »

コメント

 なるほど〜、みれば良かったかな〜

 ガンダム3部作は見たことあるのでどっちでもよかったのですが、激論は見てみたかったですね〜

 ちなみにうちの奥さんの意見は友近が浮いててかわいそうだったってことです。

投稿: Munyu | 2005/08/20 13:21

友近さんも浮いてましたね、もう居場所のない感じで(´_`;)

友近さんも江川さんも、出なきゃいいのに(ヒドイ;)
本人もつらいだろうにね。

投稿: temari | 2005/08/20 14:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53247/5553233

この記事へのトラックバック一覧です: BS2・ガンダム一挙放送(感想続き):

» 立てよ国民!! ギレンの演説より [ゼットンの独り言]
          ↑をクリックすると動画が始まります。音量に気をつけて下さい。 我々は一人の英雄を失った。しかし、これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ! 地球連邦に比べ、我がジオンの国力は30分の1以下である。 にもかかわらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か? 諸君!我がジオン公国の戦争目的が正義だからだ。これは諸君らが一番知っている。 我々は地球を追われ、宇宙移民者にさせ�... [続きを読む]

受信: 2005/08/21 00:47

« BS2・ガンダム一挙放送 | トップページ | 姐さん、お帰りっす!! »