« 一年戦争の経過・感想 | トップページ | アミコラ経過報告・1 »

2005/04/28

前回のたかじん委員会

前回の「たかじんのここまで言って委員会」の感想を・・・。
(遅すぎ・汗)

前回は、三宅VS田嶋の回でした。
最初のテーマは、ズバリ中国。

以下、長いです。良ければドゾー↓

田嶋先生は、南京大虐殺が「あった」ということを前提として
、いかに残虐な行為が行われていたかを力説。

三宅先生が、百人斬りや、被害者数2万人やら10万人やら、
水増ししてるんじゃないかと指摘するやいなや、
田嶋先生「数字じゃないんだよ!!」

三宅先生が、北京オリンピックをやる資格がないと言うと、
田嶋先生「大きなお世話だよ!!」

中国の資料館にも展示されているという本を片手に(しおり
たくさん挟んでるし;)、あったんだよ・・・あったんだよ・・・と
つぶやく田嶋先生。ちょっと怖かったです。
でも自分の役割をきっちり果たす、そんな田嶋先生です(・∀・)

橋元弁護士が「お互いの非を認めて、話し合っていこう」と発言
しても、田嶋先生は「それはちょっとおかしい。中国に対して、
おまえは非があるから何も言うなと・・・!?」と言いかける。
そこを橋元・宮崎両氏に止められて、「違いますよ、こっちも非を
認める、そっちも、お互いに、ということです。何も言うななんて
言ってません」と穏やかに諭される(笑)

今回はギャラリーに、日本語をある程度話せて、日本のことも
ある程度知っている中国人の方々を呼んでいました。

人間同士は仲良くできる。過去についての謝罪と、靖国参拝が
ないのが問題だという意見がギャラリーから出たので、
「靖国参拝が一番の問題だと思いますか」
「靖国参拝がなければ、だいたい許せますか」
とアンケートをとりました。
するとたくさんのギャラリーが挙手。
「靖国参拝がなくなったとしても、まだ許せませんか」
という問いには、誰も挙手しませんでした。

ギャラリーの数名が、「A級戦犯をたてまつるなんて・・・!」と
いう意見で、他にも賛同者がたくさんいました。

でも、司会の二人が、
「そうか、A級戦犯の所へ行くのが悪いのか・・・」
「じゃあ、A級戦犯て何か知ってます?」とギャラリーに聞くと、

   挙   手   ゼ   ロ    。

  
   シ   ー   ン   ・・・

この後、三宅先生による、A級戦犯の説明がありました(-_-;)lll

でも、最初のうちは「ハッキリ謝罪しろ」と主張していた女性も、
後半はなぜか、私の祖父(父だったかな)は戦争中も日本人
と仲良くしていた、日本の軍歌も歌える、これからは話し合いを
していかないと、という意見に。
今はインターネットで本当の情報が得られるとか、向こうの情報
の偏りを始めて知った、自分の友達や子供には本当のことを伝
えていきたいという意見も聞けました。
スタジオの中国人の方々は、日本に来て、日本の本当の姿を知
っているからか、全体的に見て柔らかい印象を受けました。

次のテーマは、「団塊の世代」。
団塊の世代の生き方を考えてました。
頑固で競争心が強く、人数の多さで2007年の年金問題も取りざ
たされているということです。
戦後すぐに産まれて電気も娯楽もなかったというたかじんさんも、
その団塊の世代。
自分の世代がお荷物とか言われるのが、ご立腹の様子でした。

辛坊さん「あのへんの世代がごっそり固まってる。あのあたりさえ
やめてくれたら・・・いや、うちの会社は違いますよっ!!」(´д`;)

しばらくたって、また辛坊さん
「いいですなぁ、年金が全部もらえますな」
たかじんさん、ざこばさんに燃料投下(笑)

辛坊さん、田嶋先生、もえちゃん(今回お休み)は、いつもイイ
仕事してます。

そしてスタジオにも、団塊の世代の方々24名が終結。
でも主にたかじんさんが発言してました(笑)

団塊の世代の問題は、人数が多いことなんですよね。
年金支給も一気なんだもの。
逆に年金に頼らず、生涯現役の意識が強い人達は、70まで
働くとか言うけど、それはそれで若い世代には迷惑な話で;
会社にとっても、人件費がかさむわけで。
仕事したい団塊の世代の人達のために、雇用をなんとかしない
と、と考えると、今度は主婦やフリーターのアルバイトがあぶれ
てしまうという・・・。

今回は田嶋先生の、「山奥で5万円で生活する工夫をするとか、
ボランティアするとか、新しい生き方を考えて」という意見に賛成
しちゃうかもなぁ。
パワーがある世代だと思うので、隠居するのは勿体無いし。
新しい生き方、新しい老後を作っていって欲しいですよね。
それにしても、年金逃げ切りは羨ましいよなぁ~(ポツリ)。

|

« 一年戦争の経過・感想 | トップページ | アミコラ経過報告・1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53247/3899842

この記事へのトラックバック一覧です: 前回のたかじん委員会:

« 一年戦争の経過・感想 | トップページ | アミコラ経過報告・1 »